• 事業紹介

  • Solution

信頼されるビジネスパートナーを目指して

お客様が求める安心・安全を、
効率的な仕組みによりご提供します。

私たちベンダーサービスは、『安心と安全の食品関連流通』を実現するため、卸売業の枠を越え、小売店から食品・原材料メーカーに至るサプライチェーン全体を連携強化するお手伝いをしております。マーケットの変化に柔軟に対応する「顧客基点の流通モデル」の実現を目指しています。

ベンダーサービスは、大手小売業の皆様とその取引先工場、原材料メーカーの需要と供給を無駄なくつなぐことにより、市場ニーズをとらえた食品の安定供給を実現しています。食品関連流通に関わる皆様を総合的に支援する企業として、業界の発展に大きく貢献していきます。

  • Traceability

    トレサビリティ

    店舗

    大手小売グループのお客様には、店舗で販売しているお弁当・お惣菜・デザートなど過不足なくタイムリーに共有。売り場開発をサポートし、原材料の供給経路のトレースに必要な情報を収集・提供します。

  • Demand forecast

    需要予測

    食品製造工場

    食品製造工場のお客様には、お弁当・惣菜などの製造に必要な食材やパッケージを効率的に供給。需給管理、保管配送といった様々な機能を提供することで在庫の最小化を実現します。

  • Integrated management

    一元管理

    原材料メーカー

    原材料メーカーのお客様と食品製造工場、小売店をつなぎます。パッケージ分野においてはデザインの一元管理、容器分野では、お客様と共に、デザイン性、機能性、環境調和性に配慮した製品開発を行います。

  • Value chain

    バリューチェーン

    素材材料メーカー

    パッケージや容器の原料となるフィルム・紙・アルミ原反や容器の原材料、及び食品の原料となる精肉などの素材材料を調達し、食材や容器のお客様に安定供給します。

原材料ビジネス

多面的な機能の提供により、
更に付加価値の高い商社を目指す

ベンダーサービスの出発点。それは「お客様視点」を大事にした大手コンビニエンスストアや大手スーパーの食品売場のニーズとシーズです。
トレサビリティの提供などの様々なご要望に、的確なサービスで対応します。

オフィス風景 オフィス風景
全国の大手小売店に、約4,600種を超えるアイテムを安定供給しています。
大手コンビニエンスストアと大手スーパーの
「お客様視点の取り組み」に対応

ベンダーサービスの特長は、商品の販売状況や市場ニーズ/シーズ、過去の販売実績、予測表などから、大手小売グループ様のお弁当・惣菜商品がどれくらい売れるのかを的確に予測し、効率的に物流を管理ができること。売り場の実情に合わせた食材とパッケージの適切な在庫管理を実現しています。

特に食の安全性が求められている中で、ベンダーサービスは取引先と共にトレサビリティの実践に取り組んでいます。 ベンダーサービスは安定供給とトレサビリティを実現させるため、必要な情報の一元管理を行っています。

パッケージ画像 パッケージ画像
食材の調達・管理からパッケージの開発まで。
安心・安全な食品づくりに向けて、新しい仕組みで在庫の適正化を実現します。
食材・容器のご提供を通じ、より良い商品づくりに貢献

ベンダーサービスは、お弁当・惣菜の原材料となる食材と、容器や包装資材を扱っています。

ベンダーサービスは、お弁当や容器に使用される原材料に関するデータを、独自のIT技術を用いて一元管理し、原材料の適正な在庫やロス削減に貢献します。 また、トレサビリティの確保を実現するなど、食品の安心と安定供給を徹底サポートします。

更に取引先に対して、リテールサポート活動を行っており、サプライチェーンの一元管理、流通の合理化・効率化などの提案を継続的に実施しています。これにより需給管理だけでなく、流通全体の最適化、コストダウンへの貢献を目指しています。

単にモノを流して販売するだけでなく、価値あるサービス(機能・仕組み)をシステム化し、「ほしい時にほしい物をほしいだけ」といったニーズに柔軟に対応します。

商品開発ビジネス

チームマーチャンダイジングへの参画

包材・容器に関し、大手小売グループ様、食品製造工場様、原材料メーカー様、そしてベンダーサービスの4者が、会社の枠を超えて商品を開発しています。
これにより、徹底した買い手目線の開発を行い、ノウハウの共有、市場情報の収集、開発スピードの迅速化など、他社には真似のできない突出した開発力を持つことが可能となっています。

商品画像 商品画像

チームマーチャンダイジングでは、おいしくて安全な商品を日々店頭へお届けするため、徹底した品質管理を行っています。また、最新の製造設備を持つ工場のほとんどが大手小売グループ様向けの専用工場であり、オリジナルのお弁当・惣菜商品で差別化を図っています。
この様に、妥協せずに原材料、製法を追求することで、消費者へおいしくて安全な商品をお届けすることができています。

ベンダーサービスは、消費者と大手小売グループ様への信頼を支える柱として、『徹底した商品情報の一元管理』を行い、日々チャレンジし続けています。
商品に対し、商品仕様情報管理システム、メニュー管理システム、物流履歴データなどをベンダーサービスが一元管理していることにより、お店の商品から原材料のデータまで、履歴を迅速に確認することができます。
例えば、商品を製造するにあたり、原材料となる食品の生産地で、生産量が急激に変化するなどのケースが発生した際、その原材料がどの商品にどれだけ使われているかをデータベースから迅速に抽出して確認し、別の生産地から在庫を確保したり、代替材料を確保したりするなどの速やかな対応が可能となっています。

合成樹脂・包装材料

材料の可能性を追求し、商品の価値向上へ
合成樹脂・包装材料 合成樹脂・包装材料

ベンダーサービスは、商品パッケージに使われる包装資材(包材製品)の開発・調達・供給を行い、プライベートブランド商品に使用して頂くなど、大手小売グループ様とともに商品開発に取り組んでいます。
また、包材製品の原材料となる合成樹脂フィルムや樹脂をナショナルブランド用途も含め幅広く取り扱っています。

「おいしい」をサポートするパッケージ

商品の「顔」となり、売れる商品の重要な要素の一つともなるパッケージ。
商品の中身を保護し、物流輸送を可能にするとともに、商品情報を消費者に分かりやすく伝えるなど、パッケージの持つ役割は大きく、結果として、高い品質が求められます。

パッケージ開発、そして調達への取り組み

ベンダーサービスは大手小売グループ様のプライベートブランド商品開発に関わり、パッケージデザイン作成・提案から包材製品の調達、納品までをトータルコーディネート。

高品質で価格競争力のある包材製品を選定し、安定的な調達網を構築します。更にはその原材料である合成樹脂フィルムや紙、アルミ箔や樹脂なども三井物産グループのグローバルなネットワークを活用しながら国内外で調達し、包材製造メーカーに安定供給する仕組みを構築しています。

これからも、高品質で価格競争力のある包材製品、包材原材料を供給し、機能面だけでなく安心・安全なパッケージ、そして商品づくりをサポートします。

各本部事業紹介

商品本部
商品本部は、大手小売グループ様のお弁当やパンなどに使用される食材の需給管理を担っています。管理に必要な情報を収集し、過去の膨大なデータを分析・パターン化した需要予測システムを社内の他本部と連携しながら運用しています。
使用される食材の産地や配合データもシステムで統合的に管理し『食の安心・安全』を支えています。このシステムでは、お店に並ぶお弁当にどんな食材が使われているか、産地や配合だけでなく、どのロットがいつどこのお弁当工場に納品されたか、即座に追跡できる仕組みになっています。 この様にして、仕組みで、大手小売様だけでなくお弁当工場やお惣菜工場の製造をサポートしているのです。
営業第二本部
営業第二本部は、大手小売スーパーマーケット様の店舗向けサービスを中心に業務を行っています。お惣菜の原材料となる食材や店舗で使用される容器、またプライベートブランド商品まで、3,000を超えるアイテムを、過不足なくタイムリーに供給しています。
「売場のイメージを変えたい」「お客様のニーズに合わせてシステムを変えていこう!」といったことは日常茶飯事。
ベンダーサービスは、単なる卸売だけの商社ではありません。商品開発のためのバイヤーサポートや需給管理といったサービスを、ワンストップで一元的に提供できる総合力がベンダーサービスの付加価値です。新規ビジネスを生み出しながら成長を続けてきた営業第二本部には、様々なバックグラウンドをもったメンバーが集まっています。
営業第四本部
営業第四本部は、パッケージの原材料(樹脂、フィルム原反他)事業を推進しております。小売グループ、食品メーカー様に安定的に品質・価格競争力ともに高いパッケージを供給するためには、その仕組み作りに協力頂いているパッケージメーカー様が使用する原材料も安定的に調達されることが重要です。そのために当本部では、原材料メーカー様との関係強化はもちろんのこと、原材料のJust in time配送を可能とする物流保管機能や、三井物産グループ各社との連携によるグローバルソーシング機能等を提供することで、その安定調達網の強化に取り組んでおります。
管理第一本部
管理第一本部は、1部3チーム体制となっています。
・人事厚生チームは勤怠・給与・社会保険・福利厚生・健康管理から各種保険・入退社管理・各種届出等多岐に渡り、社員をサポートする業務を行っています。
・人材開発チームは採用・各種研修・キャリア開発等の業務を通じ、中/長期に渡る人材開発支援を行っています。
・総務チームは執務室設備管理から各種備品管理、災害対策、オフィス環境整備や安全衛生管理等、社員が安心して業務に専念できるような体制の整備を行っています。
デジタル戦略本部
デジタル戦略本部は、ICT推進部、新事業企画部の2部からなります。
・ICT推進部は、大手小売グループ様向けに対応した需要予測、受発注、在庫管理、メニュー管理システムの構築プロジェクトを中心に現在稼動しているシステムの運用管理、新規案件対応のシステム企画・開発、及び三井物産グループのIT内部統制・ISMSに準拠する運用管理を行っています。
・新事業企画部は、新規事業に関わる企画、推進、研究開発を行っています。
営業第一本部
営業第一本部は、大手小売グループ様で販売しているお弁当、惣菜、デザートなどのパッケージを取り扱っています。大手小売グループ様の商品開発会議に営業担当が参加し、商品コンセプトや使用される食材の情報を基にお客様の要望や開発課題を的確に把握することで「より良い商品」 「より良い売場」を作るための様々なパッケージ提案を行っています。
また、開発・技術といったパッケージに関する専門部隊があります。デザイン性、機能性、環境調和性などを訴求したパッケージを研究・開発するだけではなく、パッケージメーカーの製造工場に対する品質管理指導を行うことで、パッケージの安全性を向上させるなど、専門部隊が営業活動を支援する体制をとっています。
商品にとってパッケージは必要不可欠なものであり、かつ商品の価値を左右する重要なものです。 そんなパッケージの供給、コスト、品質を一元管理する立場にある我々は、刻々と変化する社会環境やお客様の要望に対応するべく、常に現状の機能に満足することなく付加価値の向上を図っています。
営業第三本部
営業第三本部は、大手小売グループ様で販売しているプライベートブランド商品のパッケージを、幅広く取り扱っております。
小売グループ、食品メーカーなどのお客様からは、「見栄えの良いデザインを作成してほしい」「品質が高く価格競争力があるパッケージを供給してほしい」「まとめて新規商品を発売したいため、パッケージを安定的に供給してほしい」「欠品をなくし、在庫は最小限にしてほしい」など様々な要望を頂きます。我々はそれら要望に応えていくために、商品コンセプトに基づいたデザイン作成や、パッケージ構成の提案、安定供給体制の構築を推進することで、その実現に努めています。
業務本部
業務本部は、大手小売グループ様のお弁当やお惣菜などに使用される食材やパッケージの需給管理・トレサビリティ管理を社内の他本部と連携しながら行っており、主に、マスタ管理業務と食材、パッケージの受発注・在庫管理業務を担っております。各営業本部が入手した各種情報を、マスタ管理担当者が正確にシステムに反映させます。その情報を基に、システムが算出した結果と担当者の持つ知見や分析を掛け合せて、精度の高い需給管理を行います。
こうした取り組みにより、「食の安心・安全」を支えるとともに、流通過程における在庫適正化とロスの最小化に挑戦し、流通全体の最適化、コストダウンへの貢献を目指しています。
管理第二本部
管理第二本部は、財務経理部、法務部の2部からなります。
・財務経理部は、正確かつ迅速な決算報告や予算・財務管理、与信管理などを通じ、適正な経営判断に寄与する管理資料を提供すると共に、経営目標の達成や各部門の業務の効率化を、経理・財務・審査の視点でバックアップしています。
・法務部は、契約書の作成・審査、会社運営上の法務案件対応に留まらず、各種法令調査への対応や社内法務研修の実施などを通じ、コンプライアンス体制基盤の構築・維持をサポートしています。
経営企画本部
・経営企画本部は、事業計画の策定、経営会議・取締役会の実施など会社全般の経営に関する企画・立案を担っていると共に、内部監査の実施などコンプライアンス・内部統制に関する業務を行っています。